アイドルのTwitterを魔法の集客ツールに変える方法

アイドルさん達が自分自身でSNSを使って、 魔法のように集客する方法を書いています

カテゴリ: ファンの集め方2.0


僕は、アイドル・女優・歌手などの、
タレント活動というのは、これから先当たり前の仕事になっていくと考えています。



端的にいうと、これを読んでいただいてる皆さんは、
おそらく先進的な仕事をしていると思っています。





だから、この仕事を始めた皆さんには、
是非辞めて欲しくない、楽しく続けて欲しいという思いから
こんな情報発信を行っています。




今日はそのアイドルや女優などの仕事が
僕の視点から、どうして素晴らしいかということについて少し書こうと思います。



未来の仕事




この先20年もしたら、今存在している仕事の
半分はなくなると言われているのはご存知でしょうか。




学問的、統計的な情報はわからないのですが、
僕も同じことを考えています。



これは、テクノロジーの進化が起因しています。



例えば、介護士、看護師の現場なんかでは
今多くの女性が一生懸命汗水垂らして働いていると思います。
この先の仕事として食いっぱぐれがないから、
これから老人が増えるから、などという意見をよく聞きます。



この高齢化社会、確かに市場としては拡大してゆくのは間違いありません。
しかしながら、それに伴い、介護ロボットの進化がめまぐるしいのも
ニュースなどでよく見られますね。




技術の進歩=人が楽する為の研究なのです。




自動車・・・歩くのも自転車で行くのも時間がかかるし大変

炊飯器・・・昔ははんごうやかまどで炊いていた

全自動洗濯機・・・昔は洗濯板で洗っていましたが、今や乾燥機付きも当たり前

インターネット・・・現地に行かなきゃ得られなかった情報を得ることができる

スマホ・・・いつでもどこでも情報を見たり、体験したりすることができる



というように、
技術や機械が進歩するにつれて、



【人が手や体を動かすことが減る】 → 【時間が余る】 → 【遊ぶ時間が増える】



と、エンタメを欲するようになっていきます。





エンタメの未来



Youtuberという職種が出てきたことが象徴的ですが、

この先嫌な仕事はやがてなくなって行くということです。



どれだけ楽しいことをできるか、どれだけ皆を楽しませることができたかが、

人間の仕事に対する価値にどんどん変わって行くと考えています。



広告塔になることだけでなく、

あなたのことが見たい、あなたのコンテンツを買いたい、

とどれだけ思わせることができたかを競い合う時代になっています。



ただ、



【楽しませる=身を削ってでも皆を笑顔にする】



っていうのは、私はどうしても賛同できません。



面白いコンテンツは発信している本人がどれだけ楽しめているかで

変わってくるので、

楽しいことだけやれるように考えていきましょう。



と言うのが私の考え方です。



まとめ




どうせあなたのことが大好きな人がたくさん増えるなら、

一生その人たちを楽しませてあげたいと思いませんか?



みなさんそれぞれが

エンタメの発信基地になるように

何かお手伝いができたら幸いです。



YUKA160322000I9A4287_TP_V








最後までお読みいただきありがとうございます。

この情報が少しでもあなたの活動のお力になれるように祈っております。




-----------------------------

こちらは、当方が行なっております、
ファンが増えなくて困っているアイドルさん向けの
ファンを増やすためのサービスです。
是非一度ご覧ください。

https://wowme.jp/gigs/4364
------------------------------

もしご興味をお持ちいただけましたら、
まずは以下TwitterのDMでも、Twitterのプロフに記載しているLINEにでも構いません。
是非、お問い合わせ下さい。

Twitter @sasakichi35



こんにちは、スタッフSです。




今回は「自分をメディア化する」という事について、
説明してゆきたいと思います。



ありのままの自分を表現すること




まず私が考えている固定ファンの増やし方には、

いくつか重要なポイントがあります。




やりたいこと、好きなことをして生きていきたい

・自分が自分を表現することでファンから認めて欲しい

・もう嫌なことはしたくない

・ハクをつける為に賞レースでサバイバルするのに疲れた

・努力はせずに、とにかく自分が楽しいかどうかだけに注力したい






「自分をメディア化する」というのは、

このように本当にやりたいこと、楽しいこと、なりたい自分を、

ありのままに表現し、発信することです。


0I9A853115070150spk_TP_V




そして、もっと大事なことは、それをお金換えて、

永続的に楽しいことをし続けられるようにすることです。






なぜ自分のメディア化が必要なのか



このブログで説明するツールの使い方、

小手先の方法というのは、あくまでこの「自分のメディア化」が

できていることが、本当にファンが増えるかどうかのキーポイントになります。






固定ファンを増やす増やすと息巻いておりますが、

「自分のメディア化」ができていない方は、

どれだけ情報を拡散することができても、

目に入った人に訴えかけるものがない為、なかなかファンにはなってもらえません。





例えば、前職で関係していた方のお話を例に挙げさせていただきます。




普段地下アイドルとして活動しているタレントさんが、

テレビのゴールデンに取り上げれられる機会があり、

一時的にではありますが、自分の名前が検索ワード上位に表示されました。




しかし、その後仕事が増えたかと言えば、全く増えなかったそうです。




キャラクターとしては面白い方だったのですが、

これは、ネット上に自分がどういう人間なのか、

という情報を置いておけなかったことが、

せっかくたくさんの方に検索してもらえたのに、

後に続かなかったことの理由だと考えています。




あなたの活動が飛躍的に周りから認められるために、

是非、「自分のメディア化」という点について、

ご自身でにとってそれがなんなのか、

考えて見る機会を作ってみてはいかがでしょうか。






まとめ


どれだけ自分をメディア化することができたかによって、



あなたの価値が高まり

あなたが何者なのかをはっきりさせ

あなたのことが本当に好きな人だけが寄ってくる



これらが大きく変わってくると思います。





また、自分のメディア化ができている場合でも

マネタイズ(活動自体をお金に換えること)ができていなかったり、

コンテンツや素質はあるのに発信の仕方が上手にできていないことで

なかなかたくさんの人に見てもらうことができないという方も、

解決する方法があります。




それは追ってこのブログの中で

お伝えしてゆこうと思います。







最後までお読みいただきありがとうございます。

この情報が少しでもあなたの活動のお力になれるように祈っております。




-----------------------------

こちらは、当方が行なっております、
ファンが増えなくて困っているアイドルさん向けの
ファンを増やすためのサービスです。
是非一度ご覧ください。

https://wowme.jp/gigs/4364
------------------------------

もしご興味をお持ちいただけましたら、
まずは以下TwitterのDMでも、Twitterのプロフに記載しているLINEにでも構いません。
是非、お問い合わせ下さい。

Twitter @sasakichi35

初めましてこんにちは



当ブログにお越しいただきまして誠にありがとうございます。




このブログでは、
「アイドルがSNSを使って100人の固定ファンを作る方法」
と銘打って、お金をかけずに自分の努力一つで




・なりたい自分になる
・やりたいことをやる
・それを金銭的に支援をもらえる環境を作る





ファンの「欲しい」を叶えながら、
自分の「したい」を繋げる方法を、細かく分けてお伝えしてゆきます。




ここに書いてあることを実践してゆけば、
きっとあなたのことを大好きになってもらえると思いますので、
本当に自分がやりたいことがある方は
是非行動に移してみてください。


IMARIC20160805210023_TP_V






最後までお読みいただきありがとうございます。
この情報が少しでもあなたの活動のお力になれるように祈っております。





-----------------------------

こちらは、当方が行なっております、
ファンが増えなくて困っているアイドルさん向けの
ファンを増やすためのサービスです。
是非一度ご覧ください。

https://wowme.jp/gigs/4364
------------------------------

もしご興味をお持ちいただけましたら、
まずは以下TwitterのDMでも、Twitterのプロフに記載しているLINEにでも構いません。
是非、お問い合わせ下さい。

Twitter @sasakichi35

↑このページのトップヘ